一貫処理フロー

流れ

有資格者

有資格者 高度熟練技能者
特級めっき技能士
一級めっき技能士
二級めっき技能士
金属研磨仕上技能士
二級化学分析技能士
水質関係公害防止管理者
大気関係公害防止管理者
毒物劇物取扱責任資格
特定化学物質等作業者名 
2名
5名
14名
17名
3名
1名
4名
1名
5名
4名 

伝統技術

バフ研磨

バフ研磨とは、ホイールに研磨剤を塗布したバフを貼付け、
回転させながらワークを研磨することです。
「バフがけ」とも呼びます。
バフは、布、皮、ウレタン、ゴムなど柔らかい素材でできています。
金属表面を磨いたり、加工時に付いた傷・バリなどを除去したり、
メッキの前工程として表面の平滑度を上げ、仕上がりを向上させるために行います。
鉄、アルミ、亜鉛、ステンレスなど、ほぼすべての金属に適用できます。
自動機器で行う場合もありますが、細かい仕上げは手作業で行う場合が多いです。

伝統技術 伝統技術

硬質クロム

硬質クロムめっきとは多くの機械的特性をもつ代表的なめっき加工処理です。
硬度はHv750以上と規定されています。
電気のめっきの中では、一番硬いめっき加工処理で「耐摩耗性」
「耐食性」に優れています。

伝統技術

黒染

黒染めとは、鉄鋼の表面に化学薬品で緻密な酸化被膜を形成させ、
錆を防ぐ処理です。簡単に言えば、鉄鋼の表面をわざと錆させ、
それ以上錆が進行しないようにする処理です。
表面は、四三酸化鉄の酸化被膜で覆われているため、
錆が発生しにくくはなっていますが、膜厚は1~2μと非常に薄いので、
十分な耐食性があるとはいえません。

伝統技術

最新鋭の設備

半光沢錫バレルライン
半光沢錫バレルライン
光沢・半光沢錫ラックライン
光沢・半光沢錫ラックライン